Sony RX0(DSC-RX0)

スポンサードリンク

Sony RX0

ドイツ・ベルリンで開催中のIFA2017にて、Sonyが1.0型積層型CMOSイメージセンサー搭載の小型カメラ「RX0(DSC-RX0)」を発表しました。なお、発売は2017年10月を予定とのこと。

発表された主なスペックは

  • 1インチ/15.3メガピクセルのExmor RS CMOSイメージセンサー。
  • 画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。
  • 10mの耐水性、耐衝撃性能を備え、動画撮影やスーパースロー撮影が行なえる小型カメラとして利用できる。
  • レンズはZEISS Tessar T 24mm広角レンズを搭載する。
  • 外部レコーダを用いた4K解像度のビデオ録画や、960fpsのスローモーション撮影(フルHDでは240fps)に対応。ピクチャープロファイルによるS-Log2ガンマでの収録にも対応する。
  • 記録メディアはmicroSDXC/SDHC。
  • 外形寸法は49×29.8×40.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は110g。
  • 耐水ハウジング「MPK-HSR1」を用いることで100mの防水にも対応する。

AVwatchより引用

Sony RX0

Sony RX0

 

以前の記事でFDR-X3000の購入を検討していましたが、新製品の発表。後継機種という位置づけではなさそうですが、また悩む機種が発売してしまいます。

この機種は発売済みのHDR-AS300やFDR-X3000に搭載されている空間光学ブレ補正があるのか、バッテリー持続時間はどのくらいなのか、自転車で走行中の撮影したいので、アクセサリーの種類は?など詳しくはこれからといったところでしょうか。そして、個人的に気になっているのが外部レコーダを用いた4K解像度のビデオ録画という部分です。カメラ単体だと4kでの撮影はできないということ?次にパソコンのモニターを買い替えるときは4k対応のモニターにしようと思っていたので、旅行などで撮影した動画は4kで残したかったんですけどね。外部レコーダーを付けるとせっかくの小さい本体の意味がなくなってしまいそう。とはいっても、実物をみてどのような感じなのか10月がとても楽しみです。

カメラ本体やカメラ用品はこちらからお願いします。